写真

朝のブルマン

(コーヒーを飲みながら、つらつら考えました)



−カタカナはアラム語の変形?ー

 2013年、シンガポールのJCCで展示をした際、会場に見えた日本の
男性(当地で日本語教師、写真の後姿の人)から、奇異な話を聞いた。
「初めて漢字を受け入れた日本列島の住人はユダヤ人、という説がありますよ」
「???」
夫と友人にこの話をすると、二人から同時にインターネットからの抜粋を
もらった。中島尚彦著「日本とユダヤのハーモニー」
ある項にフェニキア文字以降の文字が羅列してあった。アラム語の表示に
目が釘付けになった。子音と、子音の一部を母音として、組み合わせた文字が、
カタカナに似ている。

 「この地には文字はなく、3世紀頃中国から漢字が伝えられた」と、私は
展示の際に、話していた。「その頃言葉(音)はあったが、文字(形)はなかった。その為こちらの音と中国語の形と符合させた」と。
最古の四大文明だって、個々の萌芽ではなく、伝播だった。この地でも文字は創出されたのではなく、伝播だと考えられる。

 この地には紀元前から渡来人が多くあったという。その中にアラム語を使う人がいてもおかしくない。
「アラム文字は、紀元前600年頃から、紀元後600年頃まで、中東各地、広範囲に亘って普及した。時代、地域によって、非常に
多くの字形があり、アラム文字から派生した他の言語の文字も、非常に多い」と、ウイキペデイアにあった。アラム語、ヘブライ語は
フェニキア文字から派生したものであり、ギリシャ語もフェニキア文字を発展させたもので、後のラテン語、ローマ字に繋がる。

 言葉(文字)は所により、変化する。この列島で、アラム文字を変化させて使っていたと、考えてもよいのではなかろうか?
アラム語を変化させた文字、アラム語式カタカナは、広く浸透したのかどうか。時まさに中国漢字の必要性が高まっていた頃とすると、
アラム語式カタカナに酷似した漢字、あるいは一部分が酷似した文字を、中国漢字の中に探していったものと、見られる。

 中国ではBC200年代が、戦国時代末の秦から、前漢への移行期。文字は鋳刻文字(青銅器文字)から手書き文字(古隷)へと
劇的に替わった。アラム語式カタカナに、似ている部分を持つ青銅器文字を拾ってみた。
 多(タ)、千(チ)、天(テ)、止、外(ト)、不(フ)、散(サ) あてはまる形はあるが、字形は円く、文字も少ない。
次に手元の「中国書法通鑑」で前漢の木簡、武威医簡や敦煌漢簡を、ほんの数ページだが調べてみた。
 即、令(ア)、位、使(イ)、宅、字、室、安(ウ)、方、於(オ)、舎、癒(ケ)、亭、手(テ)、比、死、北(ヒ)、足、如,
台、知、呂(ロ)
後漢になると、古隷よりも碑面を飾る八分隷が主流。続く三国時代の楼蘭残紙には、後の楷、行、草と言えるような字が、所狭しと
並んでいる。

 アラム語式カタカナには、前漢の古隷を当てたと見るのが、適っていると思う。青銅器文字は上層の極く一部だけの人が関わったが、
新しい時代の息吹と共に、手書き文字は勢いよく、多くの階層の人に拡がっていき、縦、横、直線的で、簡潔な字形は、一部分を
捉えることが、至極容易だったに違いない。

   日本最古の出土文字は、5世紀末の稲荷山古墳太刀銘文や、船山古墳太刀銘と言われている。中国語とともに、獲(ワ)加(カ)多
(タ)支(ケ)(ル)や 牙(ム)利(リ)弓(テ)など、人名も刻まれている。「ワ」に「獲」を当てている。
初期には「古隷」を当てていたものが、中国漢字そのものが、形声、会意、仮借等の造字法により、どんどん増えてゆき、それを
受け入れたこの地でも、同一音を表す漢字は多くなり、8世紀の万葉仮名に至っては、当て字のオンパレード。すべての言葉に漢字が
当てられ、このことは子々孫々、大いに悩むところとなっている。

 草書については、前漢の居延簡にすでに見られるし、3世紀の楼蘭残紙にも数多く書かれている。けれど草書体の確立となると、
やはり唐代だろう。数多くの草体の中から、アラム文字の草体に多少とも類似の文字を選び、ひらがなとしたのだと思う。
カタカナ、ひらがなとも、特にカタカナは長い年月を経て、現在見られるような一覧表の文字になっていったものと思う。2016.10.3