ミャンマーへ(2019年1月21日〜28日)

写真       写真

  ミャンマーにはANAの直行便が出ている。
  成田空港を11時に発ってヤンゴン国際空港には
  16時30分着(時差2時間30分)。
  8時間のフライトである。
  ミャンマーは学生時代に見た映画、「ビルマの竪琴」
  や「戦場に懸ける橋」などの影響から、
  「いつか行って見たい国」の一つだった。
  しかもこの1年間はビザなしで入国できるらしい。
  両替所辺りは人の波。両替を終わったところに
  車椅子を押してくれた若者の合図で、若い男が出てきて、
  タクシーへ誘導した。車椅子係りは5jのチップを要求した。今までは無視だったが、何となく渡してしまった。
  すでに暗くなった道を1時間近く走った。
  ヤンゴンの旧市街、鉄道駅近くの高層ホテル、シャングリラ ホテルへ。チップを入れて、5万チャット払った。ホテルマンに1万5千
  チャットだよ、と注意された。こちらのタクシーにはメーターはない。つい円で考え、この距離で5千円は安いと思ってしまったのだ。
  フロントで1泊60j追加で広い部屋を提示された。OKすると、パゴダ側か川側か?お勧めは?パゴダ側。よし決まり!案内されたのは
  19階のコーナーツイン。パゴダも見えるし川も見える。エキストラベッドを入れてもらった。今回は長女が同行してくれた。
  19階以上は特別階で22階のラウンジでの飲食が付いている。早速パゴダを遠望しながら、軽い食事をした。明日はあのパゴダへ行く。




写真       写真

  ヤンゴンには7つの有名な仏塔が
  あるとのこと。中でも別格なのが、
  小高い丘に立つシュエダゴン パヤー。
  ホテルからタクシーで10分ほど。
  東西南北の入り口にエレベーターがある。
  ミャンマーでは寺院内は必ず裸足。
  車椅子の左足は係りが布ですっぽり
  隠した。
  エレベーターで上がった所からすこし
  行くと、そこは極楽浄土?
  金色に輝くパヤー(仏塔)を中にぐるりと
  囲む広大なテラス。そこには大小の
  寺院、仏塔が燦然と輝いていた。
  焼け付くような陽射しも、日陰は涼しい。長女に車椅子を押して貰い一周した。
  ホテルに戻り、私はマッサージに、妻と娘はヤンゴン川を見に出かけた。ほんの2〜3ブロック先のところだが、通りが渡れず
  現地の人の隣に立って、一緒に渡ったということだ。男も女もロンジー(巻きスカート)にぞうりで、軽やかに歩き、頭に重い
  荷物を載せても、絶妙なバランスで歩いている。




写真       写真

  ヤンゴンから空路1時間10分。
  バガンはニャウンウー空港。今日も夕刻到着だ。
    空港出口に大きな看板があり、バガン地区入場
  につき、外国人すべて、1人2万5千チャット
  支払うこととあった。
  タクシーは街灯もない暗い道を30分ほど走った。
  オールドバガンの一角にある、エーヤーリバー
  ビューホテル。
  早朝から賑わう声がする。川原で騒いでいるのか?
  カーテンを開けると、エーヤワデイー川が眼前にある。
  部屋の入り口の階段を上ると、広い屋上庭園。
  眼下の川原は砂浜のように広大で、一角の突端に
  船着き場があり、人が群がっている。
  かなり離れているのに、人声は真近だ。
  ここに3泊してバガンを堪能するつもり。




写真       写真

  11世紀〜13世紀、バガン王国が、
  フビライ ハーンの侵攻を受けるまで。
  仏教は隆盛を極め、広大な地域に、大小の
  寺院や仏塔が林立して、今日遺跡地区と
  なっている。近年になって最も遺跡の多い
  地区をオールドバガンとし、高級ホテルを
  数軒残し、住民を移動させ、遺跡保存地区に
  指定したという。
  地図を見ると歩けそうだったが、来てみると
  とても無理。1日目は馬車をチャーターした。
  そこここで馬車が快適そうに走っている。
  2時間で25000チャット(2500円)。この馬車の
  座席がかなり高所で、私には乗降が難だ。ほとんど降りることもせず、不安定な
  座りに、かなりくたびれて、ホテルのマッサージに直行した。
  日没は5時45分。慌てて屋上庭園へ。雄大な景観だった。




写真       写真

     バガン2日目はホテルの車をチャーターした。
  徐行して案内してくれたので、やっと遺跡群を
  把握することができた。林立する寺院や仏塔は
  絶えず陽に輝いたり、黒いシルエットになったり、
  変化して飽きない。濃いピンクのブーゲンビリアが
  景色を彩り、突如として牛の群れが突進してくる。
  若者は自転車やバイクで縦横に廻っては、小さな
  仏塔の小さな仏像にもカメラを向けていたが、
  こちらはバガン最大のアーナンダ寺院のみ妻と娘が
  拝観し、私は寺院前の椅子で土産物屋など観ていた。
  小さな子供が懸命に呼びかけていた。
  明日の遅い便でヤンゴンに戻り、1泊して夜の
  ANA直行便で帰国する。(ミャンマー旅行記より)